プロフィール

聖籠太鼓「響」SATO-OTO

平成12年春より活動開始、当初は段ボールで練習。
アドバイザーとして鼓童・大井良明氏に3年間お願いする。
平成13年6月に念願の太鼓を購入。

平成13年8月、聖籠夏まつりに出演、初舞台となる。
以後、地域の祭りや学園祭・イベントなどに出演。
老人介護施設や小学校などでの慰問やワークショップなどにも注力。

平成15年春に聖籠太鼓「響sato-oto」太鼓フェスティバルを開催
ゲストを招き隔年で開催している。

「いままでの友情出演」
越後親不知太鼓(青海町)・新崎樽ばやし連(新潟市)・藤塚浜盆太鼓(紫雲寺町)、
春日鬼組(佐渡)[ゲスト参加]瀬木貴将(サンポーニャ)、佐山こう太(ピアノ)、
山口幹文・辻勝(鼓童)、見留知弘・南條 明(鼓童)、小島千絵子・今海一樹(鼓童)、
高橋竹山(津軽三味線)

メンバーは聖籠町、新発田市、新潟市など、広域の人たちで構成されている。
太鼓演奏の基本的なものは、プロから指導を受けたが
曲や舞台構成などは独自で制作している。

名前の「響sato-oto」は「響」という文字を上下に分け
「郷に響き渡る音」
「郷の音を響かせる」
ということからイメージしたものである。