JF新潟漁連は、組合員の漁業経営と生活を守り、青く美しい海と豊かな海の幸を次の世代まで受け継ぐため、様々な活動を行っています。

JF新潟漁連 新潟県漁業共同組合連合会
文字サイズ変更 小 中 大
 
トップページ
新潟みなと通信ブログ
海と暮らす
にいがたの魚
新鮮直売所
イベントカレンダー
お魚料理レシピ
海と生きる
JF新潟漁連概要
漁獲高の推移
漁師になろう
海を守る
漁民の森づくり
森が海を育てる
森を泳ぐ魚たち
リンク集
お問い合わせ
旬の魚を食べるお魚料理レシピ
 
にいがたフード・ブランド品
旬の旬たるおいしさ
佐渡寒ブリ
寒ブリ漁は佐渡からはじまります
11月中旬頃、冬型の気圧配置が強まり「雪起こし」と呼ばれる雷が鳴りだすと、北の海から南に向け旅をする寒ブリが定置網に入るようになります。佐渡では、寒ブリを呼ぶこの雷を「ブリ起こし」と呼んでいます。
寒ブリは11月から1月にかけて、両津湾内の定置網(鷲崎、北小浦、黒姫、和木、白瀬、椎泊、大川の7ヶ統)に入ります。
佐渡寒ブリは全て天然物です
ブリは北海道から台湾近海に至る温帯域に分布し、日本の沿岸各地で広く見られます。成長につれて餌となるアジ、サバ等の群れを追いかけ日本列島の周りを回遊します。
春に日本列島を大きく北上し北海道まで至ったブリは、水温が15℃を下回る11月頃から南下をはじめます。この南下途中の11月中旬から1月頃に新潟沖を通過する際、佐渡の定置網に入るブリが佐渡寒ブリであり、脂が乗りきった、全て正真正銘の天然魚です。
佐渡寒ブリをご賞味ください!
佐渡両津湾内大型定置網で漁獲し、船頭の目利きにより選別され、船上で血抜きをし、海洋深層水氷でしっかり〆られた、10kg以上、脂質15%以上のブリを厳選して「佐渡一番寒ブリ」として出荷しています。鮮度と味にこだわった「佐渡一番寒ブリ」をぜひ一度、ご賞味ください。

佐渡産寒ブリをさばいてみる!!
 第二回
「佐渡寒ブリのおいしい店 登録店」のご案内
佐渡寒ぶりは季節物ですので、ご来店前に各店舗へご確認の上、足をお運びください。
地区 販売店名 住所 電話 取扱メニュー
新潟市 料亭 鍋茶屋 新潟市中央区
東堀通8-1420
025-222-6131 刺身・照焼・ブリ大根
新潟市 ホテルイタリア軒
別館 割烹 蛍
新潟市中央区
西堀通8-1575-1
025-224-5121 焼付・鰤しゃぶ・刺身・
鰤大根・照焼 ほか
新潟市 鮨割烹 丸伊 新潟市中央区
東堀通8-1411
025-228-0101 寒ブリ握り・刺身・照焼・
ブリ大根握り ほか
新潟市  (有)廻転寿司
弁慶
新潟市中央区
万代島2529ぴあBandai内
025-255-6000 寒ブリ握り
佐渡市 食事処 海鮮横丁 佐渡市両津湊353-1 0259-27-4158 佐渡寒ブリ丼
寒ブリ刺身定食
佐渡市 鮨 長三郎 佐渡市新穂81-4 0259-22-2125 ブリ丼・刺身・おけさ巻
ブリしゃぶ ほか
佐渡市 すしや まるいし 佐渡市泉1031-1 0259-63-3066 握り・軍艦・刺身
ブリ大根
佐渡市 (有)廻転寿司
弁慶
佐渡市東大通833 0259-52-3453 寒ブリ握り
 東京都 叶家越山  市ヶ谷店 東京都千代田区九段北4-1-3飛栄九段北ビルB1 03-5276-4159 ぶりしゃぶ・刺身・塩焼き
佐渡寒ブリ販売促進協議会事務局


              
     佐渡天然ブリカツ丼」 佐渡ご当地グルメ普及促進協議会
                

▲PAGE TOP